特修ゼミ・実習
こども福祉(保育)コース

特修ゼミ

障害児保育特修
障害児保育特修

障害児保育の現状と課題を調査研究し、障害の種類とその特性の理解を深め、早期発見、早期治療の意義を学ぶとともに最近特に、問題視されている発達障害児の保育を考える。

児童養護特修
児童養護特修

児童養護の現状とその課題を学ぶとともに、特に最近注目される、家庭養護が困難な子、虐待された子などの養護の現状と課題の調査研究を通じて児童養護のあり方を考える。

実習通年スケジュール

※図を拡大する場合、図をタップして別画面に移動してご覧下さい。

教育課程

福祉に関する専門科目
  • 社会福祉概論
  • 社会福祉行政論
  • 社会保障論
  • 公的扶助論
  • 老人福祉論
  • 障害者福祉論
  • 児童福祉論
  • 家庭支援論
  • 地域福祉
  • 社会福祉援助技術論
  • 相談援助
  • 福祉事務所運営論
  • 社会福祉施設経営論
  • レクリエーション活動
  • 手話
  • 介護概論
  • 医学一般
  • 社会福祉現場実習
  • 社会福祉現場実習指導
保育に関する科目
  • 音楽Ⅰ
  • 音楽Ⅱ
  • 保育音楽
  • 図画工作
  • 幼児体育
  • 教育原理
  • 保育原理Ⅰ
  • 社会的養護
  • 発達心理学
  • 教育心理学
  • 子どもの保健Ⅰ
  • 子どもの保健Ⅱ
  • 子どもの食と栄養
  • 臨床心理学
  • 保育総論Ⅰ
  • 保育総論Ⅱ
  • 健康Ⅰ
  • 人間関係
  • 言葉Ⅰ
  • 表現Ⅰ
  • 表現Ⅱ
  • 環境Ⅰ
  • 環境Ⅱ
  • 保育実践演習
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習Ⅲ
  • 社会福祉特修
  • 特別教育活動
  • 保育実践演習
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 乳児保育Ⅰ
  • 乳児保育Ⅱ
  • 社会的養護内容
  • 人権保育
教養科目
  • 仏教と人間
  • 法学
  • 書道
  • 社会学
  • 経済学
  • 心理学
  • 情報処理
  • 英会話
  • 保健体育(講義)
  • 保健体育(実技)

卒業生からの声

在校生
こども福祉(保育)コース卒業
大阪府立松原高校出身

初心を忘れず、自分らしく
こども福祉(保育)コースでは、福祉系科目がたくさんあり福祉の専門用語に慣れるまで大変でしたが、現場の先生方の障がいや福祉に関するお話はとても興味深く、自分の福祉観の参考になりました。又、多くの実習では福祉を深く学ぶことができ、又コミュニケーション能力を高めることもできました。辛いこともありましたが一緒に考えてくれた仲間や先生方の支えのお陰で今の自分があるのだと本当に感謝しています。
卒業後は、知的障がい児の施設で働いています。こどもたちの思いや、何を望んでいるのかを理解し、成長や自立を少しでも支えることが出来る福祉保育の専門職になれるように努力していきたいと思っています。

在校生
こども福祉(保育)コース卒業
大阪府立阪南高校出身

私は福祉分野の内容を深く学ぶことができるということで、こども福祉(保育)コースに入学し、他のコースよりも授業科目数が多い中で、やりがいを持って取り組むことができ、大阪市のケースワーカーとして働くことになりました。
入学当初は、しっかりとした目標や夢が定まらず、日々の勉強をこなしていくことだけで精一杯でした。しかしこの2年間の勉強や実習で貴重な体験や出会いにより、目標を見つけようとする意識が芽生えました。そして辛いこと、嫌な事を乗り越えた後の達成感を味わい、それが自信へとつながっていきました。
学校はもちろん勉強をするところですが、それと同時に人と関わるために欠かせない「心」も教わることができました。
ケースワーカーは人の人生に直接関わる仕事です。学校で学んだ知識と心を活かし頑張っていきたいと思います。

学科紹介