児童(幼児)体育コース

豊富な指導実習・充実の施設・設備

元気を育てる体育系保育者・指導者をめざす

-こどもの運動・体力づくりの知識・指導法の学び-

保育、体育の多様なカリキュラムと、学内の温水プール、総合体育館、付設スポーツクラブを活用して、幅広い専門知識、技能を修得し、保育力はもちろん、体育指導力も身につけた「運動好きの自分を生かせる」体育系保育者、ジュニアスポーツインストラクターを育成します。
今、こどもの運動能力や体力の向上が大きな課題となっています。保育現場もスポーツクラブ、幼児体育教室も、体育、保育の指導スキルをもった人材が歓迎されています。体育系クラブでの活動経験を生かせる確かな進路をサポートします。
更に、幼稚園教諭免許の取得に挑戦することで、希望と適正にあった就職先の選択もできる夢多きコースです。

資格取得

在校生からの声

在校生
児童体育コース
奈良県立大和広陵高校出身

実習を通して成長していく
児童(幼児)体育コースは、夏にはキャンプ、冬にはスキー実習やスケート実習、その他にも幼児や児童の水泳指導など一年中大忙しです。しかしその分、クラスの皆とも協力し助け合う事もでき、たくさんの指導者の方とも関われて、充実した学校生活がおくれています。体育以外ではピアノに凄く苦戦もしましたが、優しい先生方が丁寧に教えてくれるので安心です。毎日忙しいですが、達成感や自分の成長を感じる事ができ楽しく頑張っています。今後は、自分の個性を生かした指導者になれるように、日々、試行錯誤しながらも毎日楽しく学生生活を送っていきたいと思います。

在校生
児童体育コース
熊本私立慶誠高校出身

実習以外でも子どもとたくさん触れ合える
私が、児童(幼児)体育コースを選んだ理由は、体育も教えることの出来る保育士になりたかったからです。児童(幼児)体育コースは、実習以外にも子どもと接することの多いコースです。キャンプ、スキー、スケート等の子どもの引率があり、幼稚園年少から小学校高学年までの幅広い年齢層の子ども達と関わることが出来ます。また、子ども達の体操教室や水泳教室で指導者としての勉強もすることができ、その指導の中で、子どもと一緒に何かを成し遂げる達成感などを味わうことが出来ました。指導上の配慮や指導法など、覚えることはとても多いですが、これから保育士を目指すにあたって、とても良い経験になりました。