こども福祉(保育)コース

豊富な実習・インターンシップ

福祉の心と実践力を備えた保育士をめざす

- 一人ひとりの気持ちに寄添い、こどもの成長をサポートする福祉系保育士としての知識スキルの学び-

養育環境や発達上の様々な課題をもつ子との関わりであったり、障がいをもった子への関わりであったり、広く子どもの支援に関わる知識と実践力を豊富な現場実習を通じて身につけます。加えて、幼稚園教諭免許状の取得を目指すことも可能であり、就職にあたっては、自分の適性に合った道を選択できる幅広いカリキュラムが魅力です。

資格取得

在学生からの声

在校生
こども福祉コース
大阪府立みどり清朋高校出身

笑顔と温もりのあるケアを目ざして
私は障がい者や障がい児と関わる仕事がしたいと思い、このこども福祉(保育)コースを希望し入学しました。学校の授業は他の学科よりも科目数が多く、こども福祉や保育士になる為の知識や技術等、覚えることや学ぶ事が多くあります。また、授業以外にも福祉施設や保育所の現場にいって実際の援助や技術を学ぶ実習があり、利用者やこども達と間近に関わって、こども福祉という分野について深く学ぶことができ、良い経験にもなります。
学校生活は大変な事も多いですが、クラスの仲間と協力して、行事を乗り越えていく機会も多いです。他のコースよりも覚えることも多いですが、だからこそ同じ目的を持つ仲間と協力し、互いに助け合いながら苦難を乗り越え、充実した学校生活を送っています。

在校生
こども福祉コース
静岡県立小山高校出身

私がさがしていた道がここにあった!
私がこども福祉(保育)コースを選んだ理由は、障がいをもった方と関わる仕事がしたかったことと、こどもが好きだからです。
このコースにはその両方を専門的に学べる授業が多くあり、保育所だけでなく様々な福祉施設に実習に行くこともできます。
実際に現場に行くと、今後の課題や目標を見つけることができ、とてもよい経験になります。
こども福祉(保育)コースは1人1人の福祉に対する意識が高く、同じ目標をもつもの同士助け合いながら、充実した学生生活を送っています。残り1年、自分の夢に近づけるよう日々努力しながら、しっかり人を支えることのできる福祉の専門職員を目指したいと思います。

学科紹介