子育て支援の保育力を身につける

福祉保育コース
教育保育科(第一部)

豊富な実習・インターンシップ

子どもの健やかな育ちを支える、豊かな人間性と
高い実践力を身につけた子育て支援の保育士をめざす

  1. 障がいを持つ子の自立と心身の健やかな成長を支援するために必要な専門知識と技術を学びます。
  2. 社会的養護を必要とする子の心身の健やかな成長と自立を支援するために必要な知識と技術を学びます。
  3. 子どもの健やかな成長を支援する教育保育の専門知識と技術を学びます。
  4. 豊富な実習を通じて、豊かな経験を積み、自ら考え、臨機応変に実践できる現場力を学びます。

資格取得

臨床ゼミナール

特別支援教育研究
障害児保育特修

児童養護の現状とその課題を学ぶとともに、特に最近注目される、家庭養護が困難な子、虐待された子などの養護の現状と課題の調査研究を通じて児童養護のあり方を考える。

子育ち支援研究
児童養護特修

児童養護の現状とその課題を学ぶとともに、特に最近注目される、家庭養護が困難な子、虐待された子などの養護の現状と課題の調査研究を通じて児童養護のあり方を考える。

教育課程

詳しくはこちら
教科・領域に関する科目
  • 音楽Ⅰ(理論・歌唱)
  • 音楽Ⅱ・Ⅲ(ピアノ)
  • 幼児体育(ダンス)
ピアノ集団指導
ピアノ個人指導
絵画・図工

在学生からの声

在校生
こども福祉コース
大阪府立緑風冠高校出身

私の幼い頃からの夢は、障がいをもった方や子どもと関わる仕事につくことです。その中で、本校のこども福祉コースと出会い入学しました。福祉について何も知らなかった私ですが、先生方が分かりやすく説明してくださるので、授業にもついて行くことができました。教科も他のコースと比べ多く大変ですが、これから現場に出たときに必ず役に立つことばかりです。

また、保育実習や施設実習などでは、実際に経験するからこそわかることや、人に対しての接し方、思いやりをより築くことができます。

学校生活では、戸惑うこともあるかと思います。けれど、同じ夢を持つ仲間と励まし支え合いながら充実した日々を送っています。

卒業生からの声

卒業生
児童養護施設 高鷲学園
兵庫県立柏原高校出身
こども福祉(保育)コース卒業

入学したきっかけは、母の母校であり資格が取れること、福祉に携わる仕事に興味があったからです。クラスは少人数でしたが、みんなで協力しあっていたので充実した学校生活でした。

今は児童養護施設で保育士として子どもたちが日々生活しやすいように環境を整え、安心して暮らせるよう努めています。

卒業生
児童発達支援センター かしのき学園
大阪府立島本高校出身
こども福祉(保育)コース卒業

今、児童発達支援センターで働いています。子どもとの距離を縮める努力をしながら活動をしています。そこでは、二年間の学校での授業や、特に実習で得た経験が生きているような気がします。子どもたちの一番身近な保育士を目指して頑張っていきたいと思います。