福祉(臨床)保育コース教育保育科(第一部)

豊富な実習・インターンシップ

すべての乳幼児の健やかな育ちを支える保育士の育成
施設利用児の心豊かな生活と育ちを支える福祉職員の育成

<福祉の学び>
人は日々の生活の中で思いもよらない様々な困難や課題を抱えてしまうことがあります。そんとき、生活を支える社会の仕組み作りが社会福祉です。社会福祉の学びは、「思いやりのこころ」と「人を支える」知識や援助法の学びです。

<保育の学び>
乳幼児の健やかな心身の発達、成長をサポートする専門的な知識、技術の習得とその実践法を学びます。

資格取得

2年で卒業と同時に取得できる

  • 幼稚園教諭2種免許状
  • 保育士資格
  • 社会福祉主事任用資格(課程履修)

(○は目指す資格)

就職先

認定こども園・保育所・幼児院・発達支援センター・児童養護施設・幼稚園 等

保育と福祉を学びます

現代社会に求められる質の高い保育・福祉のスペシャリストを育成するために本校の特色ある学びがあります

=保育・福祉の様々な現場体験=

自分を生かす

保育の仕事でも、”もうひとつの力”
福祉の専門知識、技術を生かせる
福祉の仕事でも、”もうひとつの力”
保育の専門知識、技術を生かせる

児童養護(子どもの保育と生活)

子育て、子育ちは家庭の重要な機能ですが、家庭事情(親子関係、育児環境等)により社会的養護を必要とする子どもがいます。そうした子どもたちの健やかな育ちを支える居場所づくりとしての生活、保育のあり方、実践方法を考えます。

特別支援

発達障がいや軽度知的障がいをはじめとする様々な障がいや、配慮が必要な家庭状況などにより、特別な支援を必要とする乳幼児がいます。そうした子どもたちが保育活動を通して達成感を感じて、生きる力を身に付けていくことができるよう、家庭や関係機関と連携しながら対応していくために必要な知識や支援方法について学びます。

教育課程