教育目標・教育方針

卒業認定の方針(ディプロマ・ポリシー)

①職業人意識
心身の健康管理の知識を身につけ、職業人としての使命感、責任感を持ち、専門職業人として、人間性、専門性の向上に取り組むことができる。


②問題解決能力
イ.思考力・判断力
専門知識、技能を活用し、子どもの発達成長の課題や保護者対応に最善策を考えることができる。
ロ.コミュニケーション能力
自分の思いや考えを的確に表現し、他者との相互理解を高めることができる。


③専門基礎力
イ.専門知識の理解と基礎的技能力の修得
幼児教育保育についての専門知識、技能や自然体験、社会体験から得た経験に基づき、子どもの視点に立って、環境を構築し、一人ひとりに適応した教育保育、体育指導を実践する力をもっている。
ロ.得意分野を持つ
得意分野を持ち、職場での役割分担ができる。
ハ.専門知識・技能の活用 修得した専門知識・技能や学外学習、インターンシップでの体験等を応用して、子どもの教育保育や子どもを取巻く環境や課題に適切に対応することができる。

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

本校の教育課程は、建学の精神「報恩感謝」に基づく教育目標の達成と幼稚園教諭、保育士、体育指導者の養成を目的とすることから、教育職員免許法、同施行規則、児童福祉法、同施行令、同施行規則の定める教科目、単位、本校独自の教科目によって構成する。「質の高い保育者、体育指導者」の要請に向け、シラバスの点検、修正ならびにアクティブラーニング等の授業方法によって、より質の高い学習成果が得られるように努めることとする。

入学者受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

質の高い保育者、体育指導者の育成が本校の使命であることから、専門教育を受けるにふさわしい基礎学力を備え、強い学習意欲を持った生徒、社会人の受入れを期待し、保育者、体育指導者としての適性、能力、意欲の観点から入学後の教育との関連を踏まえた上で選抜を行う。
現役の高校生、社会人等から幅広く学生を受け入れることから、多様な入試方法を設定し、本学の建学の精神、教育方針、学費等を理解した上で受験をするよう求める。

①本校所定の単位を修得できる学力体力を有し、一定の学習能力を持つ者 ②将来の目標が明確であり、目標に向かって意欲を持つ者 ③社会の一員として自他を尊び、協働精神を持つ者 ④社会の諸事情に関心と感性を持つ者 ⑤自己を表現し、他者の表現への感受性と理解を持つ者

ディプロマ・ポリシーツリー